« はる くんは 1 | トップページ | 試着してみたよ »

はる くんは 2

生まれた時、あまりにぶちゃいくだったので“がんちゃん”と呼ばれました。
2歳になった今も、決してハンサムとは言えません。娘のRちゃんは「昭和のかおりがする」と表現します。

いとこのみずきちゃん、そしてとしくんもあきこおばちゃんも“はるく~ん・はるくん”とかまってくれます。はるくんは、ゆうきちゃんが特別好きでかきついていきますが、シャイなゆうきちゃんはちょっと恥ずかしげです。それでもおかまいなしです。

はるくんは幸せです。自然の流れの中にいます。

みんながだんだん大きくなって、chiyomiさんの腕の中にすっぽり収まらなくなってきました。話し言葉は片言で、歩く姿も頼りない・・一番かわいい時期は過ぎていこうとしています。
お父さんが仕事を終えたら、みんな一緒にお泊りでなしに“一人ずつ”我儘させてあげたいとひそかに思っています。

|

« はる くんは 1 | トップページ | 試着してみたよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事