« 2012年 夏 山旅 1 | トップページ | 2012年 夏 山旅 3 »

2012年 夏 山旅 2

8月24日 黒部五郎岳小屋~黒部五郎岳~太郎平小屋
P1020784 今日は、今回のコース一番の楽しみ黒部五郎岳を目指します。
そして一番長い距離を歩きます。まだ薄暗い、朝5時出発しました。
木々の向こうに見え隠れする黒部五郎岳の稜線が黄金色に輝いてみえ始めると、思わず駆け出します。(*^_^*)
黒部五郎岳に抱かれたカールの中央に入ってきました。最高のお天気です。

P1020785  逆光に気付かず、偶然写した写真です。中央の気になる岩は“雷岩” 
黒部五郎岳は、岩がゴロゴロ。昨日、それを聞いたchiyomiさんは去年登った「五竜岳みたいなん?」と聞きました。「また違います」と森さん。
カールの中は水場もあるし、大きな岩と遥かな山並み。朝の光は心地よく、ゆっくり遊びたいところです。

P1020790_2 ジグザグの急登で稜線に出ると、昨日より大きく白山が見えます。
この夏、山の会の友達3人がそれぞれ計画を立て、楽しみにされているのを聞いてきた山です。また、実家の近くに住む今年82歳になる従姉は「白山に登った時、阿弥陀様に出会った」と聞かせてくれました。
「ブロッケン現象」を、阿弥陀様と信じた従妹が私は好きです。
肩の分岐に荷物を置いて、頂上を目指しました。

P1020796 黒部五郎岳の頂上は、地図に書かれた通りの見事な“大展望”
360度・・大興奮です。
帰ってすぐ“バースデープレゼント”の記事にし、大きな写真を載せました。
左の写真には、これから歩く北ノ俣岳を越え太郎平小屋までが。穏やかで、楽しい道のりに見えました。
ところが、下って登って・・登って下って・・歩いても歩いても、長い・なが~い道のりでした。
やっとの思いの北ノ俣岳頂上を過ぎ、大きなお花畑の中に出ました。
“ハクサンイチゲの見事な頃、太郎平小屋に泊まりここまで来よう”・・そんな思いも・・お花畑から太郎平小屋までのまたまたの遠さに、吹っ飛んでしまいました。

たどり着いた太郎平小屋ベンチでの生ビールは、なんとか歩きとおせた感謝の乾杯でした。

|

« 2012年 夏 山旅 1 | トップページ | 2012年 夏 山旅 3 »