« 腰痛で | トップページ | この夏の “誤算” »

北岳に 登りたい

P1010723 「マークスの山」を読んだ時、幸せな場面ではなかったけど北岳から富士山を眺めるシーンに憧れた。
仙丈ヶ岳に登った時、北岳の左奥に富士山を眺め「北岳からは、もっと大きな富士山が見られるんや」憧れは大きくなった。

ただ、憧れは憧れ。北岳に登る実力不足は自覚しているつもりだった。

それが今年の新年会「北岳に行かない?」と誘われるなり、「北岳に 登りたい」と見栄を張ってしまった。
そして、去年から6kも体重が増えてしまい、例会に参加していても辛い時がある・腰痛で、三週間安静と診断された・・トレーニング不足・・・止めなければと何度も思いながら、出発してしまった。

7月18日 出発~広河原山荘泊
今回は山の会の友達5人で、クラブツーリズムのツアー参加です。

7月19日 広河原山荘・・大樺沢二俣・・右俣コ-ス・・肩の小屋
広河原山荘から肩の小屋までの標高差は1500m。到着後北岳山頂200m往復が今日のコースでした。
大樺沢二俣での休憩までは元気でした。
出発後ほとんどすぐ雨が降り出し、雨具着用。とたんにいやな予感です。
“肩の小屋1時間”の指導標の所でまずいと思った。これまで出合った中で一番と思ったお花畑は、雨とガスに包まれ・・さらに汗と涙に滲んでいた。
頂上は行けませんでした。夕方うっすら、富士山を見ることができました。

7月20日 晴れ・・下山
肩の小屋を出発する頃には、すっかり晴れ!! 昨日辛かったことはみんな忘れ、うれしいばかりでした。
写真は “シナノキンバイの群落の向こう側に北岳が見えます” 

|

« 腰痛で | トップページ | この夏の “誤算” »