« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »

教室からの景色

P1010794 毎週月曜日の午前中は、ここにいます。(Nさん、勝手に写真載せてしまい・・ごめん)

教室の窓越しに眺める、欅の若葉の“キラキラ”が青葉になり・・先週突然紅葉しました。とても綺麗だったので写真をと思ったのに、昨夜の雷雨で褪せてしまった。

通い始めて3年余り。相変わらず肩に力の入ったままの太極拳で、進歩なし。
昨日は県の太極拳フェスティバルがあり、市の太極拳教室で一緒に始めた方たちは24式。私は3度目の入門。
わかっていても、やはりさみしい。困ったものだと思う。
ただ、プログラム71組目の表演を見せて頂き払拭できた。

あと一か月もすると、冬の青空に裸木も “きれいやなぁ~” とつぶやくはずです。

|

うらやましいと 思ったこと

I さんとは、30年ほど前軟式テニスを習っていた頃一緒でした。
高齢者大学一年で同じ班になり “ひさしぶりやね” と話が弾み・・ご主人の実家が篠山市今田町で、実家を継がれたお兄さんは独身だったこと。嫁がれてたお姉さんが戻ってこられたこと。二人が亡くなられたこと。I さんのご主人が今田まで通いながら、農業(黒豆つくり)を始められたこと。I さん自身は農業に関心がないこと・・は聞いていた。
私も実家に通って畑仕事をしてると、話していた。

三年になり、また同じ班になった。不思議なことに一年の時とほとんど同じメンバー。
I さんから班のみんなに 「黒豆取りに来ませんか?」 と誘いがあった。

案内されたのは、山裾を整地し、鉄骨造の作業場兼居間。業者さんや友達に手伝ってもらいながら、ご主人の手作りだそう。
ちょっと高台だから、立杭の集落が見渡せる。柿の木が5本あって、そんな大きくないから手で簡単にもげる。桜の木も何本か植えてある。

黒豆畑から株を持ち帰り、実をもいでみんなで分けてお土産。一部湯がいてお昼のお弁当の時食べた。栗の木もあるらしく、栗ご飯をパック詰めにしお土産に頂いた。

とても楽しい時間だったのに、心がざわざわ・・うらやましい一日でした。

|

お芋ほり

P1010783ゆうきちゃんが 「まさとくんとはるくんも、来たらいいのに・・」 と言いました。 今年のお芋は、久しぶりにいい出来でした。

|

砥峰高原

P1010764_1 先週、公ちゃんの所に行こうと話が出たとき「帰り道、砥峰高原に行ってみたい」と頼んでいた。

公ちゃんの施設から砥峰高原まで40分と、カーナビは表示していた。
細い福知渓谷沿いの道を “あと一カ月遅かったら、紅葉がきれいだろうなぁ~” と思いながら登っている頃まではまだ余裕がありました。車道はますます細くなり、対向車に出会ったらどうしよう状態になりました。片側は谷なのに、ガードレールがとぎれています。お父さんの車で良かったと思いながら、こっそりドアの取っ手を握りしめていました。

突然明るいところに飛び出し・・・砥峰高原でした。対向車に出会わんでよかった。
広~い駐車場が・・満車。平日なのに・・いっぱい。観光バスも・・
映画「ノルウェイの森」 大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」ロケ地はすごい。
食堂は、材料が無くなり一時間待ち。

帰りは播但道経由、中国道を目指します。標高800m程の砥峰高原から一気に下りましたが、片道一車線で整備され、不安はありません。
無事帰れたので楽しい一日でしたが、宍粟市・福知渓谷経由 “砥峰高原” は、避けた方が安心です。

|

この夏の “誤算”

北岳山頂に登れなかったのは“誤算”ではなく、力不足です。

しかし、そのすぐ後の例会で“ととや道”を下っている時、軽く足をひねった気がしたのです。下山後、有馬温泉駅二階でかき氷を食べているうち腫れてきて「病院に行きたいから」と一足先に出ました。骨とじん帯には異常がないと診断され、しばらくは痛むだろうけど‥すぐ直ると思っていました。
私の足の腫れを見たHさんから 「白山は中止やな」 と言われ、山小屋・タクシーの営業所にキャンセルの連絡をしました。

家事も畑も・・太極拳も新しく始まったシルバー体操も・・とりあえず日常は何でもやるけど・・足が痛い。二ヶ月たったけど、特別良くなったふうはありません。
山の会の“西穂独標”も参加できなかった。

でもうれしい誤算もありました。8月の月は雨降りが続き、水遣りをしなくてすみました。
あまりにも早く涼しくなって、黒豆に実が入るか心配しましたが膨らんできました。

とっくんの幼稚園最後の祖父母参観日、まさとくんの小学校初めての運動会も楽しみました。長い間ブログも休んでいましたが、chiyomiさんは元気です。

|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年11月 »