« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

災難 2

追突されたのが日曜。月曜は祝日。
お父さんの車に乗せてもらい買い物に出かけたとき、車が揺れる度吐き気、ブレーキの度首が置いてかれるような痛みを感じた。荒神さんにご飯をお供えするのに上を向くなり痛みを感じ、それからなるべく首は動かさないようにした。
火曜日朝、整形に行き診断書を書いてもらい、篠山警察署に提出した。

途端に、追突相手のAさんから電話がかかった。
「人身扱いにされる前に連絡して欲しかった」「運送会社に勤めているので、点数が無くなると働けない。治療費は払うので、取り下げて欲しい」「今からお見舞いに行きたい」

「今はそう言われてますが、私が病院に行くたびお金を渡すのは負担になる気がします。私もその都度お金を下さいというのはつらいです」「事故の日、何も言わずに帰りました。今度出会ったら止まらないかもしれません、今は会いたくないです」と答えました。

昨日は太極拳の教室の後、忘年会でした。今度の日曜は市の総体・太極拳の部に教室で出場予定でした。明日、来週は山の会の例会の予定。みんなダメになりました。教室に迷惑をおかけしました。

|

災難は 突然

R176、JR篠山駅前の交差点進行方向の信号は赤。前に車が4台ほどいて、私はいつも見慣れた風景の中にまったりと止まっていた。
急に “ドン” っと鈍い音が響いた。「なんで私が」と思ったけど、すぐハザードランプをつけシフトをP にした途端、動けなくなってしまった。信号は青に変わり、前の車は行ってしまい、後ろの車も追い抜いて行ってしまうのを感じていた。
すぐ後ろの車の人が「大丈夫ですか?」「車動かせますか?」「取りあえずコンビニの駐車場に僕が入れます」

事故現場の横がコンビニで、20mほど手前が交番で、相手の方はおまわりさんを呼んできてくださった。

生れて初めてびっくりして腰を抜かしてしまった状態を経験していたため、立てずにいたのでほとんど相手の方が話されるのを聞いていた。居眠り運転のため、赤信号で停車中の私の車にぶつかってしまったそうだ。

私のモコは後ろのドアとバンパーが傷つき、相手の車はナンバープレートが落ちそうになりバンパーと上のほうが傷んでいた。

おまわりさんが帰られ、相手の方も帰られた。
一人で車に乗って帰るのが怖く、息子家族が迎えに来てくれるのを待っていた。
途端に、相手の方に腹が立って仕方なかった。事故を起こした方がつらいはずと、息子ほどの相手を気遣った自分にも腹が立った。

|

京都トレイル 大原から鞍馬

P1020285

今月Hさんは忙しい。その隙間を選ぶと21日かな? でも21日頃は紅葉の最盛期、しかも3連休の初日。    京都は混むだろうなぁ~・・chiyomiさんは、決めてからいつも悩む(*^_^*)
鞍馬寺の紅葉はいまいちでしたが、前回歩いた比叡山が望めました。(写真奥)

今日は山の会の仲間Yさんも一緒です。
四条河原町から乗った京都バスは積み残しがでる程のぎっしり。トレイルスタートの戸寺停留所から一つ向こうの野村別れまで乗りました。前回と今回、同行のHさんには大原でなんとか探してみたいところがあったのです。今回ようやく願いがかない、トレイル開始です。

大原の里から静原の里を経て、鞍馬寺へと歴史の道歩きは穏やかで気持ちのいい一日でした。
北山東部コースは本当なら二の瀬までですが、鞍馬街道は車道歩きになり道標は設置されてなく、叡山電鉄鞍馬線を使います。

|

10月が過ぎ

“雨が降ってくれたら・・さやがおおきいなるのに” そう思いながら待ちましたが、枝豆を収穫する間中雨は降りませんでした。

今年は17日後一週間が一番の収穫時期だった気がします。自己満足の枝豆は、いつももう少しゆっくり楽しめますが、あっという間に終わりました。
思いがけなかったのは、さつま芋です。二週間後の芋ほりでは、なんとも立派なさつま芋に育っていました。前回掘らなかったら・・・と何度も残念でしたが、来年に活かせたらと切り替えます。
冬野菜は虫とりがおっつかず、レース状になりつつあります。

末になってようやく雨が降り、玉ねぎを植えました。今日もまた雨が降っています。
これでしっかり根付くはずです。

25日に太極拳の県フェスティバルがあったので、教室に加え三田市の練習にも参加しました。シルバー体操も毎週頑張りたかったし、その他楽しいことがいっぱい・・・こなせるか心配なほどの10月が過ぎました。

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »