« 京都トレイル 大原から鞍馬 | トップページ | 災難 2 »

災難は 突然

R176、JR篠山駅前の交差点進行方向の信号は赤。前に車が4台ほどいて、私はいつも見慣れた風景の中にまったりと止まっていた。
急に “ドン” っと鈍い音が響いた。「なんで私が」と思ったけど、すぐハザードランプをつけシフトをP にした途端、動けなくなってしまった。信号は青に変わり、前の車は行ってしまい、後ろの車も追い抜いて行ってしまうのを感じていた。
すぐ後ろの車の人が「大丈夫ですか?」「車動かせますか?」「取りあえずコンビニの駐車場に僕が入れます」

事故現場の横がコンビニで、20mほど手前が交番で、相手の方はおまわりさんを呼んできてくださった。

生れて初めてびっくりして腰を抜かしてしまった状態を経験していたため、立てずにいたのでほとんど相手の方が話されるのを聞いていた。居眠り運転のため、赤信号で停車中の私の車にぶつかってしまったそうだ。

私のモコは後ろのドアとバンパーが傷つき、相手の車はナンバープレートが落ちそうになりバンパーと上のほうが傷んでいた。

おまわりさんが帰られ、相手の方も帰られた。
一人で車に乗って帰るのが怖く、息子家族が迎えに来てくれるのを待っていた。
途端に、相手の方に腹が立って仕方なかった。事故を起こした方がつらいはずと、息子ほどの相手を気遣った自分にも腹が立った。

|

« 京都トレイル 大原から鞍馬 | トップページ | 災難 2 »