« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

ふらふら でも・・畑

京都トレイルから帰った、昨日の事です。

いつものように三田駅にHさんのご主人が迎えて下さり、山ぶきの束まで頂いた。
さあ~晩御飯が片付いたら、京都ブランドの“わらび”と、Hブランドの“山ぶき”にかからねばと意気込んでいる chuyomiさんの耳に「霜注意報」の言葉が飛び込んできた。
これは聞き逃せません。
気持ちは、10㎝ほどに育ったジャガイモ畑に飛んでいます。

前回の「霜注意報」が出た時も、大慌てで黒のビニールの筒を買って畑に急いだ。風がきつかったので、弟がビニール張りを手伝ってくれ、次の日外してくれた。
後日見たビニールをかけなかった弟のじゃがいもは、霜が当たり黒く変色していた。

こうなったら行くしかありません。日暮れとの時間勝負ですが・・車を走らせました。ただ、トレイルで何かのアレルギーだったのか、鼻水たらたら・眼はしょぼしょぼです。

また弟にお世話になりながら、ビニールを張っていきました。今回は「明日、ビニール取りに来るから」・・弟のじゃがいもは傷んでいる・・迷惑かけたくなかったのです。

家に帰ると晩御飯の用意の続き。片付け。それが終われば、わらびのあく抜き。山ぶき”の下準備。鼻水はおさまりません。

今朝起きても体調は最悪。でもお天気は最高。
早くビニールを取ってあげねば暑いだろうと思うと、いたたまれなく畑に出発。
ついでに芽かきと、肥料をやって土寄せまでしました。

あく抜きがうまくできた“わらび”は、かつおぶしと“伊吹いりこのめんつゆ”をかけておひたし。おとうさんから、おいしいと好評でした(*^_^*)
山ぶきも出始めだからか、とてもやわらかく、先日作った花山椒を仕上げに混ぜた。

こうしてバタバタの二日間は自己満足で終わりです。

|

京都トレイル 上ノ水峠~清滝金鈴橋 

P1020476_2


トレイルも終盤になりました。ホッとしながら、寂しい気もします。
阪急四条大宮から市バスで鷹峯源光庵下車。バス停から千束まで激下り。紙屋川沿いを上ノ水峠までゆったり登っていきます。唯一の登りでした。

 ☆今日のコース☆
鷹峯源光庵バス停・・・千束・・・上ノ水峠・・・沢ノ池・・・高尾・白雲橋・・・金鈴橋・・・清滝バス停

沢ノ池を過ぎ林道を下っていると、わらびが目立ち始めました。杉の伐採地は採りきれないほど。まるで“わらび畑”のようです。思わず二人わらび採りです。
その後毎年わらび採りに来てるといわれる、ビニール袋を提げた3人グループとすれ違いました。京都ブランドやね。(*^_^*)

またしばらく下ると、木の枝二本をポールに登って来る外人さん。
「temple?」と聞かれた。どこに行きたいんやろう? 地図を出す。
「コーサンジ」  えらいとこまで登ってきはった・・気の毒になった。こんな時英語が出来れば慰められるのに、心だけ寄り添い一緒に林道を下り、三人で高山寺まで。
指月橋そばの川原に降り、お弁当。モミジの若葉がきれいです。

清滝川沿いに、北山コースのゴール・金鈴橋まで下りました。写真は、潜没橋から清滝川を撮りました。8年前、山の会初参加の例会で、記念写真を撮ってもらった場所です。すぐ隣に、モミジの広場があります。

|

一年して・・わかった事実

P1020461

一昨年、幼馴染の恵ちゃんにヒカゲツツジを見せたいと出かけた四十八滝は完璧だったと思っていた。昨年山の会の友達数人との四十八滝は、二度も違う道を行き迷惑かけた。この一年、なぜだったのか気になって仕方なかった。

今年は、Hさんと行った。なぜだったのか知りたいと思った。

一つ目は、去年だんだん滝コースから外れて行ってることに気づきみんなに伝えたが、踏み跡やテープがあるから大丈夫だと却下された。滝コース途中からの八ヶ尾山コースを歩いていたのだ。間違えた分岐を、確認。道標はない。

滝コースも終わり、芽吹きの気持ち良い林を抜ける小金ヶ嶽への縦走路を歩きます。
二つ目もありました。下山方向に「通行困難」と書かれた道標です。去年は恵ちゃんと下った道だと信じて疑わなかった。土砂崩れの箇所があったり、荒れていたけどどんどん先に進んだ。
何とか下山したけど、ここまで困難だとは不思議でならなかった。

道標を見つめながら悩んでいると、縦走路の先に人影が見えた。ほんの少し先に、もう一つの標識があり、下山路があったのです。
そこで思い出したのは・・・一昨年の時「峠山まで行ってみようか?」と思いつきで縦走路を先に進み、雲部小学校での昼食時間を考え途中で引き返したため、偶然ここは通過し、正しい下山路を下ることができたのだ。

今年もヒカゲツツジを見ることが出来ました。そして、一年して・・わかった事実です。

|

武田尾の さくら

P1020444_5_3


去年は武田尾に来ていなかった。
JR武田尾駅を温泉橋まで歩くと、見慣れた風景は取り払われ、新しい道路がつけられていた。ハイキングコースの案内板にそって歩くと、すぐ以前からの道に出る。

今日はHさん、Hさんのお孫さん二人と一緒に武田尾のさくらハイクです。
Hさんと山に行くたび、ずっと二人のお孫さんの話を聞いていたので、三田駅で出会った時とてもうれしかった。
二人はあばあさん二人よりずっと元気で歩けるし、トンネル歩きや水遊びが気に入った様子が可愛くてたまらない。

武田尾のさくらは二日前の雨風に打たれながら持ちこたえ、なんとか間に合いました。写真をクリックしていただくと、いいカメラではないですが、山桜のやさしさを感じていただけるかなと思います。

|

欲しいもの

P1020431_3



昨日、激しい風と雨が吹くたび、さらされる桜の花が気がかりだった。

今日は高齢者大学の友人たちと、立杭近くにあるIさんの別宅で恒例のお花見バーべキュー。ご主人は「桜が散ってしまわないように、昨日は接着剤で止めといたからな」と迎えて下さった。
春のお花見バーべキューと秋の黒枝豆の収穫祭、年二回で今日は4回目。以前ブログにも書いたけど、私の欲しいものがIさんのここにある。
来させてもらうたび思ってきた。

畑だったところを均し基礎を掘り、建物(Iさんは小屋と呼ばれる)は鉄骨だけ業者さんで後はご主人の手作り。さくらは完成記念樹だそう。

欲しいもの・・ただ、この頃以前ほどの勢いはなくなってきている。

|

山田道からの トゥエンティクロス

P1020425_3


新神戸から、森林植物園経由谷上駅は何度か歩きましたが、逆コースは初めてです。歩き始めて「山田道は気持ちいい道やったんや」とHさんに言うと、「そうやろ、あけちゃんすぐバスに乗りたがるけど」と言われてしまった。

いろんなコースを歩いたきて、森林植物園から約1時間。だらだら下る山田道が嫌いだった。歩き始めが山田道は、新鮮だった。

久しぶりのトゥエンティクロスは大きな岩が落ちてきてたり、土砂で川原がさま変わりし「河童橋」が出来てたり。山桜と椿がきれいだった。

 ☆今日のコース☆
神鉄谷上駅・・・ヌケ谷・・・トゥエンティクロス・・・新神戸駅

|

法事

P1020418_3


今日は実家の父の二十三回忌の法事でした。

何度も入退院を繰り返し、絶対安静を言われていても自分でトイレに行くと喧嘩になった。今なら「自分で行きたいなぁ~‥こっそり行こうか」と言えるのに・・おとなしくなってしばらく、父は亡くなった。寒い日で、篠山国立病院から実家に向かう車の窓から見た桜並木は、春はまだ遠かった。

実家の後ろの、今年の桜はもう満開です。

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »