« 先生に言えない | トップページ | あとしまつの時 »

台風一過

P1020900_2

台風にも負けず、県太極拳フェスティバルは開催された。

夕方からきつくなった風は夜のあいだじゅう吹き荒れ、明け方ようやく楽になった。
雨戸を開けると、飛び込んできたのは・・アンテナ・・針金にぶら下がって揺れていた。電気のメータも飛んでいたし、いつもモコを止めているところに瓦が落ちて割れていた。借りている駐車場に持って行っててよかったとしみじみ思う。

動いてしまった物置を直したり、ゴミを掃き集めたり・・忙しい朝を過ごす。

昼過ぎ気になる畑に向かうと・・信号が機能していない交差点が。その次の大きな交差点では、警察官の手信号で対応されてた・・嫌な予感。
大きな木が道路に倒れてきてて切られたと分かる箇所がいっぱい出てきた。木の葉の落ちて粉々になったのが道路を覆ったのや、吹き寄せられたのが。看板が落ちているのは普通に見られる。竹藪の笹がことごとくちぎれてる・・異様な風景に見える。

こんな日に畑に向かってはいけないのだ。でも戻るにも、渋滞の中。
朝からバタバタしてて、JRが止まっているのも高速が通行止めなのも知らずにいた。

やっと着いたchiyomiさんの畑。黒豆の葉っぱは風で半分飛ばされ、倒れて汚れてはいたけど、ますますふっくら大きく、おいしそうになっていた。
ただ、キャベツは大丈夫だけど白菜やホウレンソウは風に傷んでいた。お鍋の時期、お野菜が高くなるかもしれないと思う。

(吉兆草が咲いているのに気づきました。急に明るい気持ちになります)

|

« 先生に言えない | トップページ | あとしまつの時 »