« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

母子まで歩けた

Dsc_0772


去年の夏のことです。山の会のNさんと私は、偶然二人が見ていた “ブラタモリ”で放送された「高野山町石道」を歩いてみたい気持ちが一致した。
すぐにでも行きたいけど、秋は日暮れが早いから春になってからと決めた。

寒すぎた冬が過ぎ、春は来ました。宿坊も予約しました。後は体力です。
大きな声は掛けなかったけど、行きたい仲間は5人になって、まずは町石道22キロ、高低差800mを意識して母子まで歩いてみました。
グーグルで、我が家から母子までの自動車道で22キロと出たのです。

 ☆今日のコース☆
自宅・・・JR三田駅北口集合・・・三輪旧道・・・虫尾郷碑・・・飯盛山公園・・・小野グラウンド(お弁当)・・・乙原・・・永澤寺バス停

行先は私でしたが、自宅が乙原のNさんがコースの計画を立てて下さいました。三田に40年近く住んでいるのに、母子に歩いて行くのは初めてです。ワクワクするほど楽しみで、最後の登りは大丈夫かな・・心配でした。
コースは、Nさんの郷土愛に満ちた素晴らしいハイキングルートでした。車道歩きを考えていた私は恥ずかしかった。ただみんなが浮かれすぎ?・・乙原で永澤寺迄7Kの道標を見つけた時、永澤寺バス停の帰りのバスの時刻まで1時間半しかなかった。
平地歩きなら丁度でも、もうすぐ急な坂道が延々続く。一気に寡黙になる。

母子の急坂は本当につらかった。私が一番へたってしまった。
箱根駅伝の5区の走者を想いながら登った。
バスに間に合った時の達成感は、最近一番のうれしさでした。
次回の山の会の例会も地道歩きが長い。次の体力作りは、標高差800mを目指そう。

|

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »