« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »

ボヌール 初めての発表会

Img_20190324_222411

コーラスグループ・ボヌールが始まり、二年になります。
練習拠点の三田市民センターで毎年3月に行われる「市民センター祭り」に参加してみたいと言ったのは、私です。全員賛成で参加することになり、皆で歌う曲を決め、年末から始動した祭りの発表部会へ出席することから始まりました。出席は当然…いいだしっぺのchiyomiさん。みんなで「黄色いのぼり」も作りました。

3月23日 さあ当日です。
キラキラ光るピンクの布地を使ってリボンを作ったり、スカーフにしたり…素敵です。
お化粧や髪はおもいっきり“もってね”と言われたけど、できないchiyomiさんは思いっきりの笑顔を“もった”

ボヌール初めての舞台発表は、神戸新聞に写真入りで大きく載りました。

|

ありがとうの日

今年は暖かいので、ジャガイモは早めに植えようと準備していたのに、大安の日は雨が降り次々と伸ばしてるうち、いよいよお彼岸。
少しも早めでなくなり…断れない予定がいっぱい詰まってる。
                                                            何とか空けられる今日に予定したのに、種芋は切ってお日さんに干したのに。昨日の天気予報篠山市は12時から雨。朝早くから植えたら、雨が降るまでに何とかなる‥そう思って昨夜は早く寝た。
                                   
それなのに、目覚めた時にはもう雨が降っていた。なんということ…chiyomiさんは落ち込んだ。
それでも、しつこく天気予報を見続けていると、雨が上がる時間が12時になってきて…雨は降っているのに、薄日が差してきて、そうなると、先にお墓の掃除をしてたらと…気持ちが上向いてきた。
種芋を車に積んで出発。                                            
                                                           お墓にも参れたし、思いがけず数野姉ちゃんに出会えた。
ジャガイモも全部植わった。
こんな日は誰にありがとうを言えばいいのだろう。

|

家事が苦痛だ

お正月過ぎ、本多理恵子さんの著書「料理が苦痛だ」の紹介を新聞で読み、これだと思い購入。タイトルにはジャストミートするも・・・
そうだ、私は家事が苦痛だと思いながら生きている。

例えば、お父さんはゴルフから帰ってくればお茶を飲み、お菓子など食べながら撮り貯めているビデオ(今なら相撲中継)等を見ながら、晩御飯が出来るのを待つ。
私は山に行っても、畑に行っても、帰ってきたら晩御飯作りが待っている。

血糖値が高めのお父さんは、最近ゴルフの無い日は散歩に行くようになった。私はお父さんの留守の間に、掃除機をかける。

お父さんが勤め人だった頃は、家事が好きとは言えなかったが、苦痛ではなかった。

お父さんが退職し、完全二人暮らしが始まってから・・もやもやが膨らんだ。

お父さんの退職後「お風呂掃除の分担」を頼んだ。お父さんはお風呂の栓を抜き、シャワーをざっと回しかけ、それで完了した。
部屋の掃除は「汚れてない。気にならない」
食事は、「お母さんが嫌やったら、作らなくてよい。飯だけ有ったらよい」「俺のことは気にせんでいいから、好きなことをしてくれたらいい」

お父さんは本当に物分かりのいいことを言ってくれる。その通りにできる嫁だったら、幸せだった。
ただ、私だって分かっている。なんだかんだ言いながら、食べたいと思うものを作って食べられ、気にならないほどに自分で整理整頓できる今の生活が幸せなんだって。
ただ、ぐちりたい日もある。

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年5月 »