« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

三田市美術展

Img_20200130_160145

山の会やコーラスで一緒のNさんは、織物もベテランです。
郷の音ホールで今日から来月2日まで開催される「三田市美術展」に入選作が展示されていると聞き、午後から出かけました。
作品名は「忙しくて楽しかった頃の…」 …の先はと考え込んでしまいました。明日コーラスで会うので、聞いてみよう。
審査の先生の講評に「素材に対する作者の愛着の情は大変素晴らしいと感じたことも書き添えておきます」とありました。
Nさんは今回は入選でしたが、以前は賞もとられています。

写真部門には、高齢者大学・読書クラブ時のSさんが去年に続いて入選されていました。

近しい方の作品を毎年拝見できるのはうれしいことですし、以前の美術展で「わぁ~…すきだなぁ~」と思った作者の方の今年の作品に期待するのも楽しみです。
そして私、今度生まれかわれたら、何か一つずっと続けなくてはと思うのです。

|

今年頑張りたいこと 

Img_20200122_120157

太極拳の検定を受けたいと思った時から、思っていたことがありました。
70才を過ぎ、合格できてる間はずっと検定を受験し続けたい。今年2段を受験するには、32式剣が必要と聞き、去年1月から習い始めた。ところが見事に覚えられない。焦ると夢にまで見て、目が覚めるとその後寝られない。
今年の検定受験は諦めるしかなくなった。

そんなchiyomiさん「7月に月山と鳥海山」の誘いを頂き、もう飛行機の予約もしてくださった。いっきに、今年は山歩きを楽しもうモードに突入した。
先週は六甲山の例会に参加、今日は宰相ヶ岳~羽束山を歩いた。
長い間さぼっていたので、まだ楽しむより付いて行くのに精いっぱいだけど、六甲山にコアジサイやヤマアジサイが咲くころには元気に歩いていたい。

 

|

蕾だけでも

Img_20200119_130912

もう10日ほども前になりましたが、ブイブイの森から武庫・狭間の小道をco-opさん(私には生協さんと呼ぶ方がしっくりとするのですが)まで歩きました。
ずいぶんと久しぶりだったので、Yさんからお聞きしていたボランティアの方々のお仕事や、コースのあちこちでみられる春蘭の様子を楽しみに出発しました。
森はとても明るく、歩きやすくなっていました。次々見つけた春蘭の株をかきわけ花芽に安心しながら、歩きました。

このコースを、最初歩き始めた頃にはなかった水仙の群れが、今はすっかり雑木林になじんで見えました。近づいてみると蕾が。水仙は、蕾も香るのですね。

生協さんで買い物を済ませ、バスで帰りました。

 

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »