« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

最初で最後

Img_20201019_162423

黒豆の枝豆がとれる時期、chiyomiさんは太極拳の練習日とか山の会の例会日に枝豆をゆがいて持って行った。間違いなくみんなから「おいしい・おいしい」と褒めてもらった。「売ってもらえないか」と頼まれることもたびたびあった。「ほんの少ししか作ってないから、ごめんね」と断ってきた。
もっとたくさん作る場所があればいいのにと、ばちあたりな夢を見ることもあった。

「黒井城の帰り、私の畑によって枝豆取りをしましょう。一昨年・昨年と不作でしたが、昨日見に行くとふっくら大きく、おいしく育ちました。こんなこと最初で最後だと思います。ぜひ一緒に来てください。いつも仲良くしていただき、ありがとうの気持ちです。お返しは無しでお願いします。楽しみにしています」 こんなメールを送りました。

やっと願いはかないました。

 

|

今日は黒井城跡

Img_20201020_104635

さすが明智光秀が築いた金山城跡からは、八上城の高城山と黒井城跡の猪の口山どちらもよく見える。先日は高城山に登ったので、今日は初めての黒井城跡。

とてもいいお天気の城跡は気持ちの良い広場になっていて、chiyomiさんが太極拳剣が上手にできたなら…ここで…って、思ってしまった。ほんのわずかですが石垣も残っていて、かすかに竹田城の趣です。当然ですが、金山も見えます。

登山口の興禅寺は、春日局出生地とありました。

|

段取り

Img_20201018_162449

限られた耕作面積の畑で、春夏秋冬あれも・これもと途切れなく野菜作りを続けるには、段取りが大切です。黒豆は連作を嫌いますが、そうは言っておれません。大根を植えたり、トマトを作ったりする(もちろん黒豆も作りますが)畑の他に、写真の毎年黒豆ばかりを作っている三すじの畑があります。

黒豆の枝豆が出来たら、まずこの畑から収穫し始めます。一すじ全て収穫するとすぐ、苦土石灰とたい肥を撒いて掘り起こし、玉ねぎ畑の準備をします。この数年実が膨れ、おいしい枝豆が食べられるのが10日ほど遅れてきています。玉ねぎは保存性には劣るけど、生で食べるのにおいしいのと、5月の中頃に収穫できるので早生玉ねぎと決めています。植え付けは11月早々。苦土石灰を撒くので逆算して掘り起しは20日頃までにしたいのです。お天気と相談しながら、畑仕事はすべてに優先します。

日暮れが早くなりました。あと少しを残して、もうすぐ日が沈みます。でもここまで出来て、十分満足して帰れます。お父さんに枝豆のお土産も忘れません。

 

|

紅葉谷通行止め解除

Img_20201014_104149 ずっと通行止めだった、ロープウェイ前から紅葉谷への道路がやっと通れるようになった。 最後に歩いたのはいつだったろう…有馬三山を超え、番匠屋畑尾根を登り極楽茶屋。土砂崩れで通行止めなので、全山縦走路からととや道をくだらなければだめと分かっていたのに「紅葉谷でお願いします」と言ってしまった。バリケードはまだなかった。想像以上の土砂が道を大きくふさいでいて、まだパラパラと落石していた。恐ろしかった…番匠屋畑尾根だからずいぶん前のことだ。

その後すぐ頑丈なバリケードが設置され、紅葉谷を登るには一旦ととや道を登り炭屋道を下るしかなくなった。
ととや道より紅葉谷が好きだったのに、年に一度ぐらいしか行かなくなった。

紅葉谷には、ヤマアジサイがとても素敵に似合う大好きな場所がある。今日も差し込む陽ざしに、苔が・水の流れがキラキラ。左手を置いたそこに、ツルニンジン。

|

山の例会は おいしいよ!!

Img_20201007_101525

Oさんの自宅裏には、ご主人が管理される大きな果樹園が有り、秋には大きな栗やおいしいナシを収穫される。だから私たち山の会の仲間は、毎年秋の例会に参加すると、つめたく冷やした赤ナシや、こんなに大きな栗の渋皮煮を頂けます。

 ☆今日のコース☆
神鉄藍那駅・・・まりの山・・・長坂山・・・六條八幡宮・・・神鉄箕谷駅

藍那駅から六條八幡宮までは、藍那小学校横からの藍那古道を行くとすぐ分岐の道標。長坂山に向かう。「まりの山」は藍那小学校の校歌に歌われる山で、木々に囲まれた広場になっています。

ほんの少しの林道歩きですが、ヤマジノホトトギス・ツリガネニンジン群・冬の花ワラビ・ゴマナと白山ぎくとの見分け方の説明を受けたりと盛り上がった。

|

三草山

Img_20201002_112156

山の会で一緒だったM子さんから昨日「手作りケーキ付 三草山」の電話がありました。メンバーは、M子さん・Oさん・Wさん・chiyomiさんの4人。
久しぶりの三草山です。

カラッといいお天気です。私が一番頼りないのでと先頭を歩くことになり、コースの半ば過ぎまでは順調でした。きれいなススキを見つけると「昨日のお月さん、きれいやったな。ここから見上げたらもっときれいやろうなぁ~」昨夜は中秋の名月。そんな余裕もありました。
ところが、休憩後先頭を交代したとたん…遅れかけました…見え張って歩いてたのやなぁ…

ようやく頂上に着き、ホッ!! M子さんの「栗の渋皮煮入りタルト」ごちそうさま。

三草山のお約束 ジェラードも食べられたし、Oさんからは梨のお土産も。

|

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »