« 紅葉谷通行止め解除 | トップページ | 今日は黒井城跡 »

段取り

Img_20201018_162449

限られた耕作面積の畑で、春夏秋冬あれも・これもと途切れなく野菜作りを続けるには、段取りが大切です。黒豆は連作を嫌いますが、そうは言っておれません。大根を植えたり、トマトを作ったりする(もちろん黒豆も作りますが)畑の他に、写真の毎年黒豆ばかりを作っている三すじの畑があります。

黒豆の枝豆が出来たら、まずこの畑から収穫し始めます。一すじ全て収穫するとすぐ、苦土石灰とたい肥を撒いて掘り起こし、玉ねぎ畑の準備をします。この数年実が膨れ、おいしい枝豆が食べられるのが10日ほど遅れてきています。玉ねぎは保存性には劣るけど、生で食べるのにおいしいのと、5月の中頃に収穫できるので早生玉ねぎと決めています。植え付けは11月早々。苦土石灰を撒くので逆算して掘り起しは20日頃までにしたいのです。お天気と相談しながら、畑仕事はすべてに優先します。

日暮れが早くなりました。あと少しを残して、もうすぐ日が沈みます。でもここまで出来て、十分満足して帰れます。お父さんに枝豆のお土産も忘れません。

 

|

« 紅葉谷通行止め解除 | トップページ | 今日は黒井城跡 »