二人日和

エンディングが終わった時 “よかったな” って後ろの座席から聞こえてきました。私も隣に座っている友達に “よかったな” って言いました。いい映画を見終わった時、その一言が言いたくて私は友達と二人で映画に出かけます。

“二人日和”は、このあたりでは大阪のOS劇場でしか上映していません。お出かけも3日目で今日は特別晴れてなくてもいい日なのに、こんな日に限っていいお天気です。

さて映画 “二人日和” ですが、妥協することなくいい映画でした。 “三丁目の夕日”よりちょっと上の世代向けでしょうか。観客は60代の方が多いです。

主人公は藤村志保さん(千恵)、筋肉の衰えていく難病にかかっています。その夫で京都の神祇装束司、黒吉家の主人。頑固に伝統を守ろうとしていますが無愛想です。黒吉さんに頼まれ、千恵さんにトランプを教える俊介さん。京大で?遺伝子の研究をしています。三人を軸に、鴨川上流あたりの自然と黒吉家の調度で映画を盛りたてます。

千恵さんはトランプの裏の絵を見ていて突然「天使が自転車に乗ってはる」と黒吉さんに言います。黒吉さんはトランプの絵を見ます。俊介さんはいつも自転車に乗っているのです。
久しぶりに御雛さまを飾ろうとした千恵さん。訪ねてきた俊介さんに「子供もおらへんし、長い間ださへんだけど・・。結婚前にあの人が、お顔は頭職人に頼んで、装束は自分で作ってくれはったんや」と言いながら手に取ったお雛さまの衣装は、この映画の中で一番の印象でした。奈良でも一刀彫りのお雛さまに魅せられましたが、お雛さまにはいつも惹かれます。そういえば家のお雛さまはお出かけとパソコンに夢中になっていて出していません。4月3日までには飾りましょう。

千恵さんの死後、お雛さまはアメリカに留学する俊介さんに貰われていきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

単騎・千里を走る

健さんとチャン・イーモウ監督に会いたくて、今日は『単騎・千里を走る』 映画の日とレディースデーが重なり今日の入場料は1000円。切符売り場は行列ができています。でも『単騎・千里を走る』の上映ホールは空席が目立ちました。あの方たちはどんな映画を選ばれたのでしょう?

久しぶりにスクリーンで見た高倉健さんは年をとられたと、小さな失望が襲いました。以前、『時雨のとき』で吉永小百合さんを見て感じたのと同じものです。以来私は映画で小百合さんは見ないことに決めました。

でも健さんは頑張ってくれました。子役のヤン・ヤン登場で健さんは生き返りました。これはチャン・イーモウ監督の演出だったのでしょうか? 道に迷い健さんの膝で眠るヤンヤン、この時のヤン・ヤンは健さんに全幅の信頼をおいた寝方です。次の朝、父のところに行くのを拒むヤン・ヤンに別れを告げる健さんはヤン・ヤンの目線です。この映画の中で、健さんとヤン・ヤンのかもし出す、いい感じは最高です。子を持つ親だからなおさらでしょう。

映画の見所は健さんと、ヤン・ヤンだと思いましたが、部分部分では、さすがだと思ったのは携帯の入る場所に移動した時の屋根のつながる風景。これはなんともいえずきれいでした。びっくりしたのは、健さんを歓迎して集まった村の人々の食事風景。中国が好きになりました。

息子さんが亡くなった事を知った後、車を降りて赤く染まった山を見上げる健さんは、背中が演技をしています。

たよりない通訳役の役者さんも、仮面劇のお面も、いいあじでした。

チャン・イーモウ監督は裏切りません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)